犬派と猫派で巻き起こる紛争

こんちは。小林です。

今日はちゃんばーふぁいと稽古2日目。

前回不在だった安川くんも合流し、わいわいやってます。

 

僕と安川くんは同期でとっても仲良し。

安川は僕の膝の上に座ってきたりします。

 

 

おっとこれは安川と言っても安川の家のわんこでした。

 

さて今回の「ちゃんばーふぁいと」には「犬」というのも大きく関わってくるとか来ないとか。

みなさんは犬派と猫派、どちらですか?

僕は猫派よりの犬派です。

どちらもかわいいじゃないですか。

なにもどちらかを選ぶ必要ないですよね。

 

世の中には意見が割れる事って多くあると思いますが、

自分と意見の違う人を叩く必要なんてないわけじゃないですか。

 

人はあくまで人。自分は自分。

他人の意見を尊重して生きていきたいものです。

 

さてさて稽古は着々と進んでいきます。

僕は役者たちに求める物の一つに、

「舞台上で生きる事」というものがあります。

「舞台上で生きる」という事は「嘘をつかない事」であり「嘘をつく事」であり、

それはリアクションであり、パッションであり、リラックスであるわけです。

セリフを言う機械になるのでなく、

設定や感情、状況なんかをレッツらまぜまぜして、

その結果セリフが出てきて欲しいわけです。

 

文章にすると難しく伝わりにくいですね。

ま、

拙い脚本ではありますが、その言葉に込められた面白さを感じ取って、拾いあげて、

楽しく演じてくれればそれでいい、というわけです。結局。

 

楽しく演じる事に関してはウチの役者たちはちょっとした物です。

演劇を作る我々自身が全力で楽しんでいくお芝居、ぜひ劇場でご覧あれ。