ちょっと真面目に書いてみた

ホール入りは土曜、本番は来週金曜。

もう待ったなしの、そんな時期になりました。

どうも、伊藤です。

あ、アイキャッチ画像はこないだの柳ヶ瀬ハロウィンのモスマンさんです。

みんなの稽古日誌から、本番間近となった高まりがヒシヒシと感じられて、

アルデンテ年長組の1人としては優しくも厳しく見守りたいと思っております。

積み上げてきたものは確かに尊いけど、まだ足りない。

1つの台詞、1つの所作、何か1つでも良くしていけるよう、

幕が上がるまで貪欲に追い求めてほしい。

それはもちろん、自分にも言えることで。

これの倍は凄いことにしていきたい。

ん?みんなに向けて言ったことと少しずれた気がしないでもないですが、気にしないことにします。

さて、制作として、この稽古日誌をご覧の方に改めてお得な情報をお伝え…と思ったのですが、

長くなりそうなので、別の記事にまとめます。

僕のTwitterアカウントでも書きましたが、今回の作品は、最近のアルデンテでは一番美しい舞台になる。

ストーリーや装置衣装が、ということではなく、もっと内面的な。

多くの方に感じていただきたい、心からそう思います。

来週末は、是非、アトリエ・ゼロへ。

では、次は制作の相方、いっちーに回します。

どんなことを書いてくれるか、楽しみにしててくださいね!